自分のビジョンに合わせて選ぼう

どんな美容師を目指すのかで変わってくる

美容師になるためには専門学校に通って所定の養成課程を修了しなければなりませんが、卒業後の進路はその人の自由な意志で目指す道を決められます。ファッション関連の仕事でヘアメイクをしたい場合にはヘアメイクアーティストのもとで修行を行い、カットやパーマなどの美容師になる場合には美容室などで修行を行うことになります。修行中は社員あるいは契約社員として雇用されることになり、先輩のアシスタントを最初はやります。その中でどんどん仕事を覚えて信頼されていくことで美容師として活躍していけるようになりますから、修行期間中はとにかく先輩から技を盗むような気持ちで取り組んでいくのがベストです。ビジョンがあれば必ず素晴らしい美容師になれるのです。

美容師は途中で専門分野を変えることもできる

美容師はキャリアの途中で専門分野を変更することも可能です。最初はヘアカットやパーマなどの技術を学んでいたような美容師でも、長く続けて行くうちに、モデルや一般人のヘアメイクアーティストになりたいと思う方や、逆にメイクアップからヘアメイクから通常の美容室の美容師を目指したくなる方も珍しくはありません。このような美容師も前職のキャリアを活かして転職活動ができますので、今目指している道に少しだけ疑問を感じた場合には冷静になって考えるのが良いでしょう。美容師になるための道は必ずしも一つとは限らず、様々な分野で経験を積むことでより技術力や深みがある人材となれますから、キャリアプランについては自由に考えるようにしましょう。